山形県の環境と観光産業を守る会

山形県上山市川口地区に建設予定の清掃工場(エネルギー回収施設)に関する詳細、および諸問題について

6月18日の裁判日程が延期されました!

f:id:mamorukai:20190617214148j:plain

 

「本体操業禁止を求める民事訴訟
助成金の返還及び交付禁止を求める行政訴訟

の日程が、相手方(被告/山形広域環境事務組合)の申し出により 9月に延期されましたので、ご連絡致します。 傍聴予定の方は、日程にご注意下さいますようお願い致します。

裁判予定日  令和元年6月18日(火)14:00~(2件)

延期後の期日 令和元年9月24日(火)13:30~(2件)

【経緯】
去る6月14日、山形地裁より守る会の弁護士宛に電話があり、被告から期日延期の申請が出ているとのことでした。「裁判に向けて、準備書面を書くための調査自体が6月半ば頃から 始まるので、6/18の裁判期日には到底間に合わない。ついては、8 月半ば以降に延期して欲しい」とのことでした。 守る会の弁護士は、前回の裁判が2月12日(火)であり、既に4か月 以上経過しているので「元々反論を書くのに時間がかかる、との 理由で6月18日という期日にしたはずである。従ってさらに延期と いうのは納得できない」と述べたものの、結果的に原告、被告との 日程調整となり、やむを得ず予定日から3か月以上延期した9月24日となりました。 前回行われた2月12日から、実に7か月以上経過する日程です。 そもそも組合は、過去に於いて守る会側が提出した準備書面に反論書 を提出しておりません。都度反論せずに「まとめて反論する」と述べ、 無言を貫いて来ました。 組合側は、過去平成30年8月28日、11月20日平成31年2月12日の 3回の裁判において、準備書面や証拠を一切提出しておりません。 その間守る会は、市民の立場で証拠や事例等を集め、こつこつと書面を 提出して参りました。また守る会の担当弁護士は、理学博士でもあり、 専門性の高い内容です。 準備書面を書くために、裁判予定日頃から調査を始めるとは、どういうことでしょうか。行政として市民に対し、実に誠意のない態度だと思い ます。 まずは、そのようなことで2件の裁判が延期になったことをお知らせ致し ます。

以上

© 山形県の環境と観光産業を守る会, All rights reserved. 当ブログの内容の無断転載を禁じます。