読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山形県の環境と観光産業を守る会

山形県上山市川口地区に建設予定の清掃工場(エネルギー回収施設)に関する詳細、および諸問題について

全国で頻発するガス化溶融炉事故

全国で頻発するガス化溶融炉事故

 化学薬品を使用するガス化溶融炉工場は、常に計器のトラブルや爆発事故と隣り合わせの施設です。(参考:会報・第3号に取材掲載済み)

 産廃処分場は、敷地選定にあたり周囲半径500メートル内の住民の了解が必要ですが、同様の危険性をはらむガス化溶融炉については、規定がありません。小学生や住民などの一般市民が見学するガス化溶融炉工場は、工場の中でも危険性の低いクリーンな一部分に過ぎません。

 以下の表は、東京23区内のガス化溶融炉を使用している清掃工場で起きた故障についての一部です。このことから、東京23区以外でも類似した故障が発生していると考えられます。

f:id:mamorukai:20151117193235g:plain

f:id:mamorukai:20151117193304g:plain

ページの続きはこちら:東京23区「清掃工場等故障週報」24年度の(PDFファイル)

 

f:id:mamorukai:20151010173919j:plain

関連記事:

澄んだ空気と水 第5号 「爆発事故や運転上のトラブルにどう対処するか」
澄んだ空気と水 第3号 「ガス化溶融炉施設を見学」

© 山形県の環境と観光産業を守る会, All rights reserved