読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山形県の環境と観光産業を守る会

山形県上山市川口地区に建設予定の清掃工場(エネルギー回収施設)に関する詳細、および諸問題について

架橋差し止め 住民が県提訴 2015年4月15日 朝日新聞

f:id:mamorukai:20151107194128g:plain

架橋差し止め 住民が県提訴
上山の清掃工場巡り

 上山市川口地区に建設予定の新清掃工場(エネルギー回収施設)に関連し、建設予定地への進入路となる架橋工事の差し止めと河川占有許可の取り消しを県に求める訴訟を、地元の住民らが起こした。第1回口頭弁論が14日、山形地裁(松下貴彦裁判長)であり、県は争う姿勢を示した。

 訴えを起こしたのは施設建設に反対する「県の環境と観光産業を守る会(結城玲子代表)」会員ら4人。訴状によると、施設建設を予定する山形広域環境事務組合に対し、県が河川の使用と橋の建設を許可したのは原告らの財産権や農業水利権を侵害すると主張している。県は、工事は既に完了しているとして差し止めの却下を求め、占有許可については原告の権利を侵害していないとして許可を求めた。

© 山形県の環境と観光産業を守る会, All rights reserved