山形県の環境と観光産業を守る会

山形県上山市川口地区に建設予定の清掃工場(2018年12月から「エネルギー回収施設(川口)」として稼働開始)に関する詳細、および諸問題について

結審へ向けて(1)|上山市川口地区助成金裁判

清掃工場の建設地である上山市川口地区へ支払われている助成金についての裁判(上山市川口地区助成金裁判)は来月予定の裁判で結審の予定です。結審へ向けて、3年ほど続き複雑化したこの裁判のまとめを数回に分けておこないたいとおもいます。 1回目の今回…

エネルギー回収施設 1号炉が運転再開 山形,2号炉は停止中 | 山形新聞

山形新聞 2020年8月28日 山形広域環境事務組合は31日、故障のため停止していた山形市漆山のエネルギー回収施設(立谷川)の1号炉について、運転を再開したと発表した。一方、運転を継続していた2号炉が電源ブレーカーの故障で26日から停止しており、現在…

エネルギー回収施設1号炉が故障し停止 山形、2号炉は運転継続 | 山形新聞

令和2年8月20日 山形新聞 山形広域環境事務組合は20日、山形市漆山のエネルギー回収施設(立谷川)1号炉で排ガスを出すための送風機のインバーター(電源制御機器)が18日に故障し、運転を停止していると発表した。2号炉は運転を継続しており、今月中の…

どれくらい組合側の書面が「おかしい」のか?弁護士による要約の第8準備書面

前回に引き続き、被告・山形広域環境事務組合(以下、組合)が提出した第5準備書面に対し、原告である山形県の環境と観光産業を守る会(以下、守る会)側が反論として提出した第8準備書面を公開いたします。 この書面では、いかに原告側の態度が「胡散臭く…

被告はふざけているのか? - 反論もなく、裁判上無意味な主張が続く被告側・第5準備書面の公開

先々週(2020年7月28日)に行われた裁判で、原告側:わたしたち守る会が提出した第8準備書面は、被告側:山形環境事務組合が提出した第5準備書面の反論となる書類です。 前回の法廷(2020年1月21日)では、被告代理人(内藤和暁 弁護士・小野寺弘之 弁護士…

火曜日(7月28日)の裁判のご報告

火曜日(7月28日)の山形県は記録的な豪雨となり、最上川でが氾濫するなど大変な一日となりました。 わたしたち原告側は、大雨の影響で交通機関がとまり、弁護士の先生やメンバーの何人かが来ることができない状況の中で裁判にのぞみました。 稼働停止を求め…

山形県上山市・清掃工場造成工事裁判の、最高裁からの決定通知が届きました

昨年(2019年)11月に仙台高等裁判所で棄却された山形県上山市の清掃工場の造成工事に関する裁判で、この判決に納得できない守る会は最高裁判所に上告していましたが、この結果が先月に届きましたので公開いたします。 私たちも最高裁判所への上告ははじめて…

<重要なお知らせ> 来週(2020年4月21日)の裁判は延期になりました

新型コロナウィルスの感染拡大防止をうけた全国への緊急事態宣言の拡大を踏まえて、山形地方裁判所で来週(2020年4月21日)予定されていた、守る会の次の2件の裁判が延期されることになりました。 1.「本体操業禁止を求める民事訴訟」2.「助成金の返還及び…

最高裁判所で審理されることになりました|「上山市清掃工場の造成工事」裁判

昨年(2019年)11月に仙台高等裁判所で棄却された山形県上山市の清掃工場の造成工事に関する裁判で、この判決に納得できない守る会は上告していましたが、今月6日付けで最高裁判所より記録到着通知書が届きました。 これにより、最高裁判所でこの件が審理さ…

上山市川口地区助成金裁判・訴の変更申立書の公開

1月18日は、上山市川口の清掃工場問題に関連してもう一件、裁判が行われました。この裁判は、平成26年から山形環境事務組合を通じて上山市川口地区に支払われている補助金に関して争われています。その補助金のひとつは清掃工場が建設された川口地区の地…

「貧相」で見当違いの反応が続く被告(山形環境事務組合)に反論!

1月18日の裁判で守る会は、前回の9月の裁判で山形環境事務組合(以下、組合。)が提出した準備書面に対する反論として、第7準備書面を提出しました。組合の準備書面は、前々回に守る会が提出した第6準備書面への反論であるはずでしたが、その内容は見…

「明かな設計ミスが認められない造成工事」裁判 | 最高裁へ不服申し立て

昨年11月12日に守る会側の控訴が棄却された清掃工場の敷地造成工事裁判の判決に納得できない守る会は、1月14日に最高裁へ不服申し立てをおこないました 今回は、「上告提起」と「上告受理申立て」という2種類の方法でおこないました。(不服とする理由に応じて、…

証人の証言は無視、行政側の主張を全面的に受け入れて責任はたらい回し。設計ミスから発生する水害の責任は誰がとるのか?

前回の記事では、山形県上山市川口にある清掃工場の造成工事の裁判が全面的に棄却されたことを速報としてお伝えしました。 今回は、その判決文を公開いたします。判決には納得がいきませんが、読むとさまざまな疑念がさらにわいてくる内容といえます。 判決…

-速報- 不当判決!!|上山市清掃工場用地造成工事公金支出差止請求住民訴訟控訴事件

詳細は後日改めてお伝えしますが、造成工事裁判の控訴は棄却されました! 棄却後の仙台高裁で配布したリーフレット 関連記事: これまでの経緯:

証言で設計者自身が認めた「自分は河川の素人で資格も経験もなし」と「さまざまな設計条件のミス・読み間違い」。それでも組合側は「当初の計算が正しい」との矛盾した主張ー 判決はいかに!?

平成29年11月17日より始まったこの裁判(控訴審)も、いよいよ12日に判決をむかえます。 これまで2回にわたってこの裁判を振り返りましたが、最終回となる今回は、ついに実現した証人尋問についてお伝えします。 山形地方裁判所での証人尋問が1度も実現しな…

面倒なことは無視、証拠は不要、同じ主張をただ繰り返すだけの組合側に説明する気はみえない

平成29年11月17日より開始したこの裁判(控訴審)もいよいよ今月12日に判決をむかえます。 これにあたり、当ブログではこの裁判を数回にわたり振り返ります。 第2回目となる今回は、少し感傷的に、この裁判のむなしさについてです。 実際に考えられる河川へ…

造成工事裁判の仙台高裁での判決へむけて その1

判決のほとんどに役所側の根拠すらない素人の意見が、特に理由なく採用され、根拠ある専門家の意見は全面的に却下。結論ありきのような判決に住民側は到底納得できず 平成29年11月17日より開始したこの裁判(控訴審)もいよいよ来月の11月12日に判決をむかえ…

造成工事の裁判(控訴審)は8月27日(火)に結審しました

ご報告が遅くなりましたが、平成29年11月17日よりはじまった上山市川口清掃工場の造成工事についての控訴審は8月27日(火)に結審しました。この日の第三回口頭弁論では住民側、組合側双方が最終準備書面を提出し結審となりました。 判決は令和元年11月12日(火…

6月18日の裁判日程が延期されました!

「本体操業禁止を求める民事訴訟」 「助成金の返還及び交付禁止を求める行政訴訟」 の日程が、相手方(被告/山形広域環境事務組合)の申し出により 9月に延期されましたので、ご連絡致します。 傍聴予定の方は、日程にご注意下さいますようお願い致します。 裁…

上山市に対し「クアオルト事業」についての公開質問状を提出しました

守る会は4月11日に上山市長宛に「クアオルト事業」にかんしての公開質問状を提出しました。「クアオルト事業」とは上山市が推進する温泉などの地域資源を利用した地域活性化の取り組みです。ドイツの「クアオルト(=健康保養地・療養地)」を参考に、健…

証人尋問がおこなわれることになりました! | 本日の裁判のご報告(平成29年(行コ)第28号 上山市清掃工場用地造成工事公金支出差止請求住民訴訟控訴事件)

本日(2019年2月26日)、仙台高等裁判所で上山市川口清掃工場(ゴミ工場)の造成工事に関する裁判が行われました。前回の記事でご案内の通り、今日の裁判では証人尋問を行うかどうかについての判断が示されました。 結果として、守る会側が申請していた5人…

上山市川口清掃工場(ゴミ工場)造成工事 | 守る会側第2準備書面の公開(控訴審)

明後日の火曜日(2019年2月26日)に行われる予定の造成工事の裁判に関して、前回の裁判で守る会側が提出した第2準備書面を公開いたします。この裁判は、平成27年から長期にわたって続いており(仮処分→一審→二審(控訴審))、控訴審の現在において最終局…

先週の裁判(山形県上山市川口地区助成金問題に関する)のご報告

先週の火曜日(2019年2月12日)は、清掃工場本体の操業禁止の裁判の他に、清掃工場建設計画にともなって山形県上山市川口地区へ支払われた助成金についての裁判も行われました。守る会では、川口地区に対するこの助成金の支払いが違法であることを訴えていま…

今週の火曜日の裁判のご報告と、原告側第6準備書面の公開(清掃工場本体についての裁判)

今週の火曜日(2019年2月12日)に清掃工場本体の建設中止かつ建設後の操業禁止を求める裁判が行われました。今回の裁判では主に、原告らの代理人である梶山弁護士が、次回か次々回開催の裁判でのプレゼンテーションによる説明の機会を求めました。これは、こ…

平成29年(行ウ)第8号 川口地区助成金公金差止等請求住民訴訟事件 被告第3準備書面等の公開

今月12日に予定されている、上山市川口地区会への助成金に関する裁判について、前回の裁判(2018年12月14日)に山形環境事務組合が提出した第3準備書面、その他の資料を公開致します。 平成29年(行ウ)第8号 川口地区助成金公金差止等請求住民訴訟事件 第3準…

清掃工場本体の建設中止かつ建設後の操業禁止を求める訴訟(本体訴訟) 原告ら第5準備書面の公開

今月12日に予定されている清掃工場の操業禁止を求める訴訟(平成28年(ワ)第236号 一般廃棄物焼却施設建設禁止等請求事件)について、前回の裁判で守る会側が提出した準備書面を公開致します。 平成28年(ワ)第236号 一般廃棄物焼却施設建設禁止等請求事件 ※「…

朝日新聞 2018年12月15日 新清掃工場 もたらしたものは? | 教えて!がったん

朝日新聞 2018年12月15日 新清掃工場 もたらしたものは? 山形市や上山市など2市2町で構成する山形広域環境事務組合の、二つの新しい清掃工場が完成しました。設計・建設費計約190億円の巨大施設がもたらしたものは何なのか、朝日新聞山形総局のマスコッ…

JRとの協議に関する情報公開の 期限延長について

昨年(平成30年)11月30日に、山形県の環境と観光産業を守る会は 山形広域環境事務組合に対し、情報公開請求を行いました。 内容は 「造成工事及び建築工事に関し、接するJRとの協議書類、並びに工事許可証のようなものすべて」 というものでしたが、請求して…

謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

山形県上山市川口清掃工場建設反対!

山形新聞 2018年12月2日 新清掃工場 本格稼働 上山 山形広域組合が整備

山形新聞 2018年12月2日 新清掃工場 本格稼働上山 山形広域組合が整備 山形広域環境事務組合(管理者・佐藤孝弘山形市長)が上山市川口に整備したごみ処理を行うエネルギー回収施設(川口)の竣工式が1日、現地で行われ、本格稼働を開始した。 式には約10…

© 山形県の環境と観光産業を守る会, All rights reserved. 当ブログへのリンクについてはこちら。